日々好日, 豆知識

雨の日はなんとなく

 

昨夜からの雨で少し憂鬱という方がいらっしゃるのではありませんか。

雨が降って天気が悪い日、なんとなく眠くなってしまうというのは、副交感神経が優位になるからなんです。気圧が高い日は酸素の量が多くなり、交感神経が優位にはたらきます。そして気圧が低くなると逆の状態になります。気圧と同じく、湿度も自律神経に影響を及ぼすことがわかっています。カラッとした日は交感神経が、雨が降ってジメジメした日は副交感神経が活発になります。

こうした天気痛の原因である自律神経の乱れが発生するのですが、更年期障害などで悩んでいる人の症状をさらに深刻させることになります。また自律神経が乱れると、気分が沈みがちになります。

天気痛も更年期障害も、根本的な治療法がないのが実状ですが天気の変動で体調が悪化することがわかっている方は、生活のリズムをいつも通りに過ごすことで症状緩和につながると思います。

お天気には敵いませんので、雨の日で憂鬱な日こそ身体を労わり自分へのご褒美を作るといいかもしれませんね。