熱中症予防には

なんと言っても脱水には注意です!

水を飲むとすぐに汗をかくからと言って嫌う人は危険です!

脱水には、水分欠乏症脱水と塩分欠乏症脱水があり、前者は低血圧によるショック症状、後者はけいれんなどの神経症状が出ます。

とくにご高齢の方は、脱水が長引くと腎機能に悪影響し、腎不全のリスクも高くなりますので、くれぐれも注意してください。

朝夕の涼しい時間をつかって15分程度の散歩なども心がけ(水分補給しながら)、気持ちをリラックスして暑い夏を乗り越えてください。水分のみではなく適度な塩分の補

給も必要です。梅干しがおすすめです。