夏の風物詩

 

 

残暑お見舞い申し上げます。

立秋を過ぎても厳しい暑さが続いております。

秋風を感じる頃はまだ少し先になりそうですね。

どうか皆さまくれぐれもご自愛くださいませ。

 

かき氷

暑い日は食欲も落ちてしまいがちですが、手っ取り早く体の熱を冷ましてくれるかき氷。

ひとときの涼を楽しむのも夏ならではですね。

 

医師同行ツアー in知床

 

今回の医師同行ツアーはお客様のご要望もあり、少し遠くへ足を運びました。

都会では味わうことのできない時間を過ごしてまいりました。

 

天に続く道

80代のお客様からのお言葉に、「毎年参加する目標ができ、3年前より体も心も元気になっています。」

というお言葉をいただきました。

これほどうれしいお言葉はありません。

今後も楽しい企画を準備して参りますので、どうぞ楽しみにしていてください。

 

夏を楽しむ

今日は少し気温も下がり過ごしやすいですね。

ここ毎日のように「あぁ暑い早く涼しくならないかなぁ」とつい口にしてしまいますが、

夏が旬な食べ物や夏しかできないことをちょっと考えてみるのも良いかもしれませんね。

 

ハーブウォーター

毎日暑いですね。

食欲がない時でも、水分と塩分は十分に摂りましょう。

見た目にも爽やかなハーブウォーターを作ってみるのもいいですね。

すっきりと爽やかなミントは食べる美容液ともいわれています。ミントにはポリフェノールの一種のタンニンも含まれており、

強い抗酸化作用を持ちメラニン細胞の活動を抑える効果があるのでシミ予防に良いかもしれませんね。

ご自身の改善したい悩みに合うフルーツや野菜、ハーブを取り入れて作ってみてはいかがでしょう。

飲みすぎは逆効果になることがありますので、ご注意くださいね。

梅雨ならでは

毎日変わりやすいお天気で憂鬱な時もありますが、梅雨の風物詩のひとつの「アジサイ」

雨の日や雨上がりには自然の美しさそのものですね。

どんよりとしたお天気の中でもアジサイを見かけると何となく心が和みます。

ほんの少し外に目を向けるだけでも気分を変えてくれる、ありがたいですね。

この時期ならではの風物詩を楽しみながら、ゆっくりと深呼吸するといいかもしれません。

 

雨の日はなんとなく

 

昨夜からの雨で少し憂鬱という方がいらっしゃるのではありませんか。

雨が降って天気が悪い日、なんとなく眠くなってしまうというのは、副交感神経が優位になるからなんです。気圧が高い日は酸素の量が多くなり、交感神経が優位にはたらきます。そして気圧が低くなると逆の状態になります。気圧と同じく、湿度も自律神経に影響を及ぼすことがわかっています。カラッとした日は交感神経が、雨が降ってジメジメした日は副交感神経が活発になります。

こうした天気痛の原因である自律神経の乱れが発生するのですが、更年期障害などで悩んでいる人の症状をさらに深刻させることになります。また自律神経が乱れると、気分が沈みがちになります。

天気痛も更年期障害も、根本的な治療法がないのが実状ですが天気の変動で体調が悪化することがわかっている方は、生活のリズムをいつも通りに過ごすことで症状緩和につながると思います。

お天気には敵いませんので、雨の日で憂鬱な日こそ身体を労わり自分へのご褒美を作るといいかもしれませんね。

メラトニンはスーパーホルモンです

この時期は年度末や年度始まりで、寝不足や不規則な生活になってしまいがちで、不規則な生活が続き顔色がくすみ、目の下にクマができ、肌荒れがひどくなったことはありませんか。これには活性酸素が関係しています。活性酸素は昼間活動している時間に生まれる酸化力がとても強い酸素です。体にたまり続けると老化を促進させ、動脈硬化やアルツハイマー病など、様々な病気を引き起こしかねません。

この活性酸素を除去してくれるのが「メラトニン」で、夜の睡眠中に活性酸素を掃き出してくれるのです。「寝ている間に綺麗になれる」ということです。ただしメラトニンの分泌が抑制されている日中の睡眠では、活性酸素が除去されず、肌荒れはなかなか治りません。寝不足は肌だけではなく体調まで悪くなってしまいますので、睡眠時間には気を付けて過ごしくださいね。

花言葉は「門出」

 

 

桜がちらほらと咲き始め満開になるのが楽しみです。

この時期はお花屋さんでも種類が多く、帰り道に寄るのが楽しみです。春らしい淡い色で種類が多いスイートピーが目に止まります。スイトーピーは今にも飛び立つチョウチョのように見えることから花言葉に「門出」と由来したらしいです。この時期にぴったりですね。

やっと暖かくなってきましたね

 

さて、やっと春ですが、この時季は花粉症でお辛い方もいらっしゃるのでは...

春は粘液性が悪化する季節と言われております。アレルギーの根本的な治療は食事改善が大事ですが、食事は毎日難しいですし、根気がいることです。

ハーブやアロマオイルを使って症状を軽減したり気分転換になっていいと思います。

 

ハーブの中ではネトルがおススメです。

抗ヒスタミン成分が含まれていますので、アレルギー症状を和らげる効果があると言われています。他にも血行促進や利尿、強壮作用もあり体内に活力を作り出してくれます。

婦人病の治療にも用いられているらしいです。